冠婚葬祭 六曜

ビル

六曜それぞれの意味と性質。

皆さんは六曜という言葉を聞いた事はありますか。
普段私たちが使っている曜日は7日で一週間ですよね。
つまり七曜日です。
この七曜日式は西洋から入ってきた曜日の概念で,六曜というのは日本において使われていた暦の概念です。
現代の生活においてあまり使用する事が無さそうなこの暦ですが、実は今も冠婚葬祭と深い繋がりがあるのです。
六曜は先勝,友引,先負,仏滅,大安,赤口の六種類で,この順番で繰り返します。
先勝は「先んずれば即ち勝つ」から来ており,その字の通りにどのような事でもこの日は急ぐ事が良いとされる日です。
友引とは「凶事に友を引く」から来ており,葬式をすると友が冥土に引き寄せられると言って,日本ではお葬式はこの日を避けるという人が多いです。
先負は先勝の逆で「先んずれば即ち負ける」から来ており,勝負事や急な用事などは避けた方が良いとされる日です。
仏滅は「仏様も滅するような大凶日」から来ており,6日の中で一番運勢の悪い日,すなわち凶の日とされているため,結婚やお祝い事はこの日を避ける傾向が強いです。
大安は「大いに安し」から来ており,6日の中で一番良い日とされていて,特に結婚式は大安の日に行われる事がとても多いです。
最後に赤口は,陰陽道の「赤舌日」という凶日から来ています。
血を連想させる赤の字が入っている事から,死を連想されるものに注意する日と言われています。

関連情報一覧

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜と冠婚葬祭の日取り

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜それぞれの意味と性質。