冠婚葬祭 礼服 男性

ビル

男性の礼服について「冠婚葬祭」マナー

冠婚葬祭での礼服。
男性も女性もそうですが、真夏炎天下野外での催しは暑く辛いですね、最近は空調が利いた室内会場が主流ですが地方の田舎ではまだまだ野外での催しが多々あります。
そこで困るのが「上着を脱ぐか、脱がないか」この選択は実に地方ルールが存在し、安易に暑いから上着を脱いでも良いとはかぎりません。
特にお葬式の場合は冬の寒さを我慢してコートは脱ぐ、夏の炎天下でも上着は着ているのが基本のマナーです。
それと男性で以外と守られてないのが「靴と靴下」。
デザインは内羽根式ストレートチップが理想で光沢がありすぎない本革素材が良いです。
靴は意外と見られてるアイテムなので重要です。
次に靴下も靴を脱いだり履いたりする頻度が高い冠婚葬祭では気を付けないといけないアイテムで基本は黒とご存知でしょうが靴下の長さまで気がまわらなかったりします、無地が理想ですが小さな目立たないワンポイントがあっても大丈夫。
ロング丈でズリ落ちない物やズリ落ちない工夫をするのが良いです。

世界の名画がそろっています

アルタイルが企業の売り上げをサポート
広告・販促ツール制作の実績豊富なアルタイルにお任せください!

風評監視の実績業界NO.1

関連情報一覧

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜は大安、仏滅、赤口、友引、先勝、先負からなるもので、その日の吉凶や運勢を示す考え方です。

六曜と冠婚葬祭の日取り

カレンダーを見ると、大安、仏滅など書いてあるものがあります。
これは六曜といって、中国から伝わ

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜とは、もともとは中国で毎日の吉凶を占うために定められた思想だといわれています。
カレンダー

六曜それぞれの意味と性質。

皆さんは六曜という言葉を聞いた事はありますか。
普段私たちが使っている曜日は7日で一週間ですよ