結婚

ビル

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜は大安、仏滅、赤口、友引、先勝、先負からなるもので、その日の吉凶や運勢を示す考え方です。
冠婚葬祭、特に結婚式では大安や友引が人気があります。
大安は六曜の中でも1番運気のいい日といわれており、友引はその字の通り友を引くことから友達を引っ張ってくる、盛大にお祝いされる、また友達に幸せが引っ張られるととれることから人気があります。
しかし、ここ最近はこの六曜を重要視しないカップルが増えています。
実際、仏滅の土曜日と大安の日曜日だと土曜日から結婚式場の予約が埋まることも多いです。
これは、列席者のことを考えて次の日が休めるように考えるおもてなし精神からきている場合もありますし、単純に仏滅の日を少し安くしている式場もあるからです。
しかし親世代はまだまだお日取りを重視する考えも多いです。
結婚式は2人だけの問題ではないので、みんなが納得できる日取りで結婚式を挙げ、たくさんの人に祝福してもらえるようにするのが一番いいでしょう。

関連情報一覧

結婚式での六曜の考えかたは様々です。

六曜と冠婚葬祭の日取り

冠婚葬祭と六曜の関係について

六曜それぞれの意味と性質。